運営者情報

まちえふ
まちえふ

はじめまして!

「英会話Life」の管理人、まちえふ(@machiefu_eng)と申します

 

このブログは、運営者の私自身が英語に苦労した体験から、英会話初心者の「もっと話せるようになりたい」を応援するメディアを作りたい!という思いで立ち上げました。

 

  • 英会話を始めたいけど、何から手をつけたら良いか分からない
  • 全然英語が出来ないけど、海外で生活してみたい
  • 英語を話せるようになって、世界中の人とコミュニケーションをとりたい

 

そんな昔の私と同じような「英会話初心者~中級者」の方の英語学習に役立つブログにしていきたいと思っています。

私もまだまだ英会話勉強中の身。

あなたも私と一緒に英語学習をして、もっともっと話せるようになりませんか?

まちえふ
まちえふ

あなたの「もっと話したい」の気持ちを応援します!

 

管理人について

まず私の簡単なプロフィールをご紹介させて下さい。

プロフィール
  • 関東出身
  • アラフォー
  • 東京の元OL(IT関係)今は専業主婦
  • 海外生活9年目
  • 趣味は、ブログ・旅行・お酒・絵

 

欧州出身で5歳年下の夫と国際結婚して6年目。

カナダ生まれの3歳の娘との3人家族です。

中東→カナダ→オーストラリア→ニュージーランドと移り住み、現在はまたカナダで生活しています。

 

まちえふ
まちえふ

家族のことや海外生活については、別ブログ「まちえふの好きなこと」に書いていますので、興味を持ってくださった方はぜひそちらにも遊びに来てくださいね

 

私の英会話歴

英会話スキルゼロで日本を飛び出した20代最後の夏

海外生活どころか海外旅行もツアーで数えるほどしか行ったことがなかった私。

ある日、日本で偶然出会った中東人に

中東人
中東人

僕と一緒に働いてみませんか?

と声をかけられました。

 

英語が全く出来なかったのとちょっと怖いのもあり最初はお断りしたものの、気になって後から連絡を取り、あれよあれよという間に中東に行くことが決定。

準備期間中の2ヶ月間、焦って大手英会話教室へ。

これが私の初めての英会話体験です。

 

29歳、中東での生活をスタートさせました。

 

英語が全く話せず苦労した中東時代

会社から支給された住居に住み、言葉が通じない人達に囲まれながら仕事をする日々。

まちえふ
まちえふ

仕事は基本パソコンに向かうものだったので、言葉が通じなくても日本での経験でギリギリなんとかなりました

 

救いだったのは、同じ日に入社した同居人でもあった韓国人が日本語を話せたこと。

彼女に通訳してもらいながら、必死に仕事と日々の生活に慣れていきました。

最初の3ヶ月間、会社にお金を出してもらい英会話スクールに通いました。

中東の英会話スクールの教室でクラスメートと一緒に撮った写真

 

まちえふ
まちえふ

クラスで女性は私含めて2人だけで、他は全員男性でした。(アラブ社会では普通です。)

アラブ人とインド人ばかりで、アジア人は私だけ…

 

私の理想の英会話スクール「女性だけのオシャレ英会話スクール」とは真逆の環境でした。

 

話したいことはたくさんあるのに、言葉が出てこないもどかしさ。

親切にしてくれた友人や同僚に、ただただ子供のように「Thank you」だけを繰り返した日々…。

 

最初の半年はほとんど無言で笑顔を作りつつ、毎日を乗り切りました。

その後段々と英語にも耳が慣れてきてみんなが言っていることがなんとなく理解できるようになり、簡単な文法でなら会話することが出来るように。

 

結局中東には1年半住みました。

そして「英語圏の国に住んでみたい!」との思いから、カナダへ移住しました。

 

海外就職に失敗し英語スキルの重要さを実感したカナダ時代

年齢制限ギリギリでなんとかワーキングホリデービザを取得し、カナダへやってきました。

最初の3ヶ月間、英会話スクールに通いました。

 

ワーホリ期間中にスポンサー企業を見つけるべく、必死で就活したものの就職先は見つからず。

英語が第二言語だった中東に比べ、英語圏で求められる英会話スキルの高さを痛感しました。

 

その後、お付き合いしていた現在の夫からのプロポーズを受け、海外にそのまま住むことに。

日常生活に必要な英語力が身に付いた頃、無事就職先も決まり1年半現地企業で働きました。

そして出産を期に専業主婦になり、家族3人次なる国へ移住しました。

 

外国人ママとの会話に四苦八苦したオーストラリア時代

夫の仕事の都合で、オーストラリアにやってきました。

以前聞きなれていたカナダ英語とは違うオーストラリア英語に戸惑いました。

発音が違う、単語が違う…。

せっかくカナダ英語が聞こえるようになっていた耳を再調整です。

まちえふ
まちえふ

一言で英語と言ってもいろんな英語があり、どれが正解ということはないんですよね。英語勉強に終わりはない…と思った出来事でした

 

娘が他の子と遊ぶために外国人ママと交流したり、公園でも会話する必要があり、英会話への苦労は続きました。

結局オーストラリアでは8ヶ月生活し、ニュージーランドへ移動することが決まりました。

 

もっと英会話が上手くなりたい!ニュージーランドでオンライン英会話スタート

ニュージーランドには1年半ほど住みました。

また引っ越しすることは決まっていたので、また移動で忙しくなる前に以前からやりたかったことをやろう!と、オンライン英会話を始めました。

まちえふ
まちえふ

ちなみに私は全部で8社の無料体験を受けた末、1番気に入った QQ English に決めました

 

海外に長く住んでいても外国人の夫がいても、自然に英語が上手くなるわけではありません。

やはり勉強や練習は、英語上達には絶対必要なんですよね。

 

娘も2歳になり、バイリンガル育児の悩みも出てきました。

娘に恥ずかしい思いをさせないためにも、私ももっと勉強して英語が出来るようにならないといけないと焦る日々。

 

そんな中で始めたオンライン英会話は予想以上に素晴らしいものでした。

まちえふ
まちえふ

これは、英語を話せるようになりたいけどどうしたら良いか分からない昔の私のような英会話初心者さんにぜひおすすめしたい!

オンライン英会話の素晴らしさを体験してみてほしい!

 

そう思って始めたのがこのブログ「英会話Life」

子育ての傍ら、オンライン英会話とブログととても充実した日々を過ごすことが出来たニュージーランド生活でした。

 

カナダに戻って感じた英語の素晴らしさと言語習得への想い

以前カナダに住んでいた時は英語圏でしたが、今回来たのは同じカナダでもフランス語圏

フランス語で書かれた全く読めない標識やレストランのメニュー…。

私の英語は完璧ではないながらも、ある程度分かっている言語と全く分からない言語との差を改めて感じ、英語の素晴らしさを実感しました。

 

それと今まで住んだ様々な都市とは違う最大の点は、ほとんどの人が英語とフランス語が共に話せるということ。

街全体がバイリンガルなのです。

 

私が衝撃を受けたのは、80歳は優に超えているであろう杖をついたおばあさんにフランス語で話しかけられ「分かりません」と言うと、さっと英語に切り替えて話してくれたこと。

このおばあさんは歳を取ってから英語とフランス語を勉強したわけではないと思いますが、人はちゃんとした環境さえあれば誰でも複数の言語を習得することが出来るんだなと。

 

そんな日々の出来事から言語への想いを馳せつつ、新しい街に馴染もうとしています。

まちえふ
まちえふ

これからもコツコツ英会話勉強とブログは続けていきますよ~

 

最後に

長くなってしまいましたが、このブログを通して私はこんな方々とつながりたいです。

こんな方を待ってます!
  1. 私と一緒に英語勉強を頑張りたい方
  2. 英会話に興味がある初心者さん
  3. 日常英語は出来るけど、もっと英語を上達させたい方
  4. 海外に住んでいる、または住む予定がある方
  5. バイリンガル育児をしていて自分も英会話が必要なパパ・ママさん

私のブログが、そんなあなたの英語学習の役に少しでも立てたら嬉しいです。